建設業許可要件3.誠実性

 

 

 

f:id:gyouseishositakkii:20190315143550p:plain

記事更新日:平成30年10月23日

 

許可要件の3つ目「誠実性を有すること」ですが、これは申請者や役員(非常勤も含みます)、令第3条の使用人(支店長や営業所長のこと)が請負契約について不正な行為、不誠実な行為をする恐れがないというをいいます。

「不正な行為」とは請負契約の締結、履行に際して詐欺、脅迫、横領などの法律違反のことをいいます。

「不誠実な行為」とは工事内容、工期などについての請負契約違反のことをいいます。

もしも過去に違反している場合は、5年以上経過している必要があります。

建設業は1つの工事に時間がかかりますし、請負金額も高額です。安心して契約を結ぶためにも、この要件は大切だと思いますが、普通であればクリアできる要件です。

 

建設業許可要件4.財産的基礎または金銭的信用

 

もくじ・・・この道10年の行政書士が明かす!建設業許認可関連ノウハウ - 行政書士たっきーのブログ

 

☆行政書士たっきー事務所HPはコチラ☆