入札参加資格審査申請について

 

 

 

f:id:gyouseishositakkii:20190315143550p:plain

記事更新日:平成30年10月30日

 

公共工事を元請けとして請負うためには、経営事項審査に加え、国や都道府県、市町村等へ入札参加資格審査申請をし、入札参加資格者名簿へ登録される必要があります。
しかし、経営事項審査を受けたからといって、必ず入札参加資格審査申請ができるわけではありません。
申請するためには、建設業許可の取得や経営事項審査を受けることはもちろんですが、消費税や法人税など、各種税金に未納がないということも重要となります。
申請書は決められた時期に決められた方法で提出します。
持参のみでの受付や、郵送のみでの受付またはどちらでも可能など、申請先によってちがうので、ホームページなどで確認しましょう。


入札の種類

一般競争入札・・・入札情報を公告して参加者を募り、希望者同士で競争し契約者を決める方式

指名競争入札・・・希望者全てを参加させる一般競争入札とは異なり、特定の条件により発注者側が指名した者同士で競争して契約者を決める方式

そのほかに「随意契約」といって、入札を行わずに契約者を決めるという方式もあり、価格が少額の場合などに行われます。

 

 

もくじ・・・この道10年の行政書士が明かす!建設業許認可関連ノウハウ - 行政書士たっきーのブログ

 

 青森県三沢市十和田市の建設業許可、経営事項審査なら行政書士たっきー事務所へ