建設業会計仕訳講座 初級編〇前渡金〇工事未払金〇未成工事受入金〇完成工事未収入金〇返品〇値引き〇割戻し〇立替金

 

もくじ

 

 

1.内金を払って材料を注文したときの仕訳

1,000円の材料を注文したが在庫が切れていたため、入荷したらすぐに受け取れるよう、内金400円を現金で支払った。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312125845p:plain

内金を支払ったときは、前渡金(資産)で処理します。
現金が減ったので、帳簿の現金を減らします。


〇前渡金が400円増えたので、貸借対照表の資産の部に+400円です。
 (資産の増加)
〇現金が400円減ったので、貸借対照表の負債の部に+400円です。
 (資産の減少)

f:id:puuchama:20190312125908p:plain

 

 

 

 

2.内金を払って注文したものを受け取ったときの仕訳

先日400円の内金を払って注文していた材料1,000円を受け取った。
残りの600円は掛けとした。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312130126p:plain

材料を受け取ったので、材料(資産)を計上し、前渡金を減らします。
掛けの600円は支払いが済むまで工事未払金(負債)で処理します。


〇材料が1,000円増えたので、貸借対照表の資産の部に+1,000円です。
 (資産の増加)
〇前渡金が400円減ったので、貸借対照表の負債の部に+400円です。
 (資産の減少)
〇工事未払金が600円増えたので、貸借対照表の負債の部に+600円です。
 (負債の増加)

f:id:puuchama:20190312130148p:plain

 

 

 

 

3.内金をもらって工事を受注したときの仕訳

1,000円の工事を受注し、内金として400円を現金で受け取った。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312130357p:plain

内金を現金で受け取ったので、現金を増やします。
工事をする前にお金を受け取ったので、未成工事受入金(負債)として処理します。


〇現金が400円増えたので、貸借対照表の資産の部に+400円です。
 (資産の増加)
〇未成工事受入金が400円増えたので、貸借対照表の負債の部に+400円です。
 (負債の増加)

f:id:puuchama:20190312130421p:plain

 

 

 

 

4.工事が終わって引き渡したときの仕訳

受注していた1,000円の工事が終わり、発注者に引き渡した。
1,000円のうち400円は内金としてもらっていたが、残りの600円は掛けとなった。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312130632p:plain

工事が完了したので、未成工事受入金(負債)を減らします。
掛けはあとで受け取れるので、完成工事未収入金(資産)で処理します。
工事が完成して引き渡したので、完成工事高(収益)を計上します。


〇未成工事受入金が400円減ったので、貸借対照表の資産の部に+400円です。
 (負債の減少)
〇完成工事未収入金が600円増えたので、貸借対照表の資産の部に+600円です。
 (資産の増加)
〇完成工事高が1,000円増えたので、損益計算書の収益に+1,000円です。
 (収益の増加)

f:id:puuchama:20190312130650p:plain

 

 

 

 

5.返品したときの仕訳

先日仕入れた材料1,000円のうち、300円の材料に間違いがあったため返品した。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312130832p:plain

仕入れたときの仕訳の逆仕訳をします。
材料を返品したので、工事未払金(負債)を減らし、材料(資産)を減らします。


〇工事未払金が300円減ったので、貸借対照表の資産の部に+300円です。
 (負債の減少)
〇材料が300円減ったので、貸借対照表の負債の部に+300円です。
 (資産の減少)

f:id:puuchama:20190312130851p:plain

 

 

 

 

6.値引きされたときの仕訳

仕入れた材料1,000円に汚れがあったため、20円値引きしてもらった。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312131026p:plain

値引き分の工事未払金(負債)を減らします。
返品はしませんが材料(資産)を減らします。


〇工事未払金が20円減ったので、貸借対照表の資産の部に+20円です。
 (負債の減少)
〇材料が20円減ったので、貸借対照表の負債の部に+20円です。
 (資産の減少)

f:id:puuchama:20190312131044p:plain

 

 

 

 

7.割戻しがあったときの仕訳

材料の仕入先から30円の割戻しがあり、工事未払金と相殺した。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312131341p:plain

割戻しがあったときは割戻し分の材料を減らします。
工事未払金と相殺するので、工事未払金を減らします。


〇工事未払金が30円減ったので、貸借対照表の資産の部に+30円です。
 (負債の減少)
〇材料が30円減ったので、貸借対照表の負債の部に+30円です。
 (資産の減少)

f:id:puuchama:20190312131405p:plain

 

 

 

 

8.従業員が支払うものを会社が立替えたときの仕訳

従業員の弁当代50円を、会社が現金で立替えた。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312131630p:plain
現金で立替えて払ったので、現金を減らします。
立替えた金額は返してもらえるので、立替金(資産)を増やします。


〇立替金が50円増えるので、貸借対照表の資産の部に+50円です。
 (資産の増加)
〇現金が50円減るので、貸借対照表の負債の部に+50円です。
 (資産の減少)

f:id:puuchama:20190312131650p:plain


 

 

 

9.立替金を給料から差し引いたときの仕訳

立替えていた従業員の弁当代50円を給料から差し引いた。
なお、給料は10,000円で、普通預金口座から振り込んだ。

〇次のような仕訳になります。

f:id:puuchama:20190312131915p:plain

給料(費用)が発生したので、借方に給料10,000円です。
立替金は給料から差し引いて返してもらったので、立替金を減らします。
50円を差し引いた残額の9,950円を普通預金口座から振り込んだので、普通預金を減らします。


〇給料が10,000円発生したので、損益計算書の費用に+10,000円です。
 (費用の発生)
〇立替金が50円減るので、貸借対照表の負債の部に+50円です。
 (資産の減少)
普通預金が9,950円減るので、貸借対照表の負債の部に+9,950円です。
 (資産の減少)

f:id:puuchama:20190312131934p:plain



 

 

 

建設業会計仕訳講座初級編もくじ

 

たっきー家のポートフォリオもくじ

www.gyouseishositakkii.com