孫子①

f:id:gyouseishositakkii:20190408110243p:plain



中小企業経営は疾さを尊び、
何よりもスピードを重視する。

スピードは最も費用のかからない差別化であり、
完璧を目指し、競合他社に遅れるようでは
話にならない。

現場の作業を急がせたりするスピードの
ことを言っているわけではない。

意思決定と情報伝達スピードが
重要ということである。

 

 

組織運営において
勝利(業績)が社員のモチベーションとなり、
プロセス目標の達成を積み重ねる
段取りが必要である。

小さくても良いから、勝ち続けること。
日々の仕事の中に成功を見出して行く事。

そして、社員のモチベーションが組織力を強化する。

経営者はその視点を見落としてはならない。

 

 

経営とは
取引相手を良い意味で欺くことであって、
競合先・取引相手の考えていないことを考え
新たな価値を生み出すことで
驚きを与えるものでなくてはならない。

顧客満足とは顧客の期待を超えること。

その為には顧客をよく理解し、
自社の商品力を常に高めるよう
努力を続けなければならない。

 

 

企業経営の存続を決めるポイント5つ

第1に理念・使命感

第2に時流・環境

第3に事業構造

第4にリーダー・統率者

第5に組織体制

世の為、人の為になる理念、使命感
収益構造、競合とのポジショニング
物事の本質を見抜くリーダー
部下や取引先との信頼

どれも強化して生き残らなければならない。

 

 

経営とは戦争である。

人の命は取られないが、

企業は競合他社に負ければ倒産する。

経営の仕方によって

企業は存続するか倒産するかが決定する。

常に最善を目指し、
徹底的に市場、自社組織、自社商品を研究する
姿勢を忘れてはならない。

その姿勢が重要である。

 

孫子
孫子は言った
「兵とは詭道なり。」

経営であれば、いい意味で顧客の期待を
超えること。

人間関係であれば家族、親戚、友人、知人
の考えもしていなかった、
・プレゼントを送る
・各種祝い事に手書きでメッセージ
を添えるなど。

相手の期待を超えることするのって
インパクト強いと思う。

 

 

7

孫子
孫子は言った
「算多きは勝ち、算少なきは勝たず」

●商売
●受験
●就活
●プロポーズ
など
当たって砕けろでは、うまくいかない。
入念に計画し
必要以上にも準備をすることが
人生をイージーにする秘訣だと僕は思うよ!
行き当たりバッタリじゃ〜
計画と準備をする人間には勝てない。

 

 

 

孫子
孫子は言った
「算多きは勝ち、算少なきは勝たず」

成功する起業家、政治家は
やはり事前準備と
入念な計画怠ってないな〜と思う。

周り見てても思う。

やっぱり
将棋の例えで申し訳ないが、
7手先も9手先も見てるよ。成功者は。

イケイケドンドンばっかりの人
やっぱり会社潰してるもん!

 

 

孫子
孫子は言った
「其の戦いを持ちうるや、勝つことを尊ぶ」

この節、
僕は社員のモチベーションが組織を強くするって
捉えるな〜。
大きい勝ち
というより
小さくてもいいから成功を
社員同士で共有し、喜びを分かち合う。
そういう積み重ねが社員の士気を上げ
組織全体の力も強くなるのだと思う。

 

 

 

10

孫子
孫子は言った
「久しければ則ち兵を鈍らせ鋭を挫く」

値下げ合戦などばっかりして
市場全体の視点から見れば
勝てないようなことをズルズル長期間やってれば
余計な経費もかかるし
社員のやる気までなくしてしまう。
そして経営も行き詰まる。

付加価値とか考えればいいのにって
いつも思う。

 

 

↓ 行政書士たっきーはtwitterをやっています↓ 

twitter.com