孫子②

 

f:id:gyouseishositakkii:20190408110243p:plain

 

11

孫子は言った
「久しければ則ち兵を鈍らせ鋭を挫く」

僕、大学時代
札幌市内に住んでたから分かるけど。

キャバ嬢にひたすら貢いでる人多い。

本人が疲弊消耗するならまだしも
周りも疲弊させている。

貢いだってすぐ質屋行きだし
相手、商売なのに。

キャバ嬢との恋愛長期戦は避けるべし!

 

 

12

孫子は言った
「兵は拙速を聞くも、未だ功久なるをみざるなり」

世の中、机上の空論
議論し合って、何も行動に移さないより

行動力ある人間が成功しやすいと思う。

起業家や政治家はメチャクチャ
行動力とスピードが早い。

すぐ、人紹介してくれるし。

ヤッパ、スピードと行動力だね!

 

 

 

13

孫子は言った
「兵は拙速を聞くも、未だ功久なるをみざるなり」

●スピード
●行動力
は、一番お金のかからない差別化である。
これを経営でも人生でも用いない手はないと
僕は断言できる。

スピードと行動力で負けて
失敗した人はどれほど多いだろう?

とにかく、まずは行動、行動、行動!

 

 

14

孫子は言った
「智将は努めて敵に食む」

ライバルの資源を有効に利用する事が出来るのが
有能なリーダーである。という意味合いである。

ツイッターそのものじゃないかなぁ?

相互作用と拡散という意味合いでは。

他のアカウントに絡んでいけば

お互いフォロワー増えるし。

みんな楽しいし!

 

   

15

孫子は言った
「敵を殺すものは怒なり、敵の貨をとる者は利なり」

ライバル企業に勝ったぞ〜!
社員もろとも失業させちゃえ〜!
ではダメだという事である。

ライバルと部分的にでも統合して
お互いの経営資源を有効利用する方が合理的である。

中小企業こそ連携と統合で生き残り
を考えるべき。

 

 

16

孫子は言った
「百戦百勝は、善の善なるものに非るなり」

レッドオーシャン市場で戦って勝っても
消耗する経営資源が多すぎる。

だから、ただ勝ちばかりを追い求めても
いいと言うわけではない。

勝つまでのプロセス、消耗しない勝ち方
が重要なのである。

ブルーオーシャン戦略の生みの親かな?

 

  

17

孫子は言った
「百戦百勝は、善の善なる者に非るなり」

知識があって弁がいけて
相手をグウのネが出なくなるまで
ある話題で論破する人間がいるが

相手はもう、その話題について
触れることもしたくなくなるだろう!

勝ち方で次第で機会損失も伴う。

消耗する事の愚かさの一つの例である。

 

 

18

孫子は言った
「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり」

・商売
・受験
・就活
・恋愛
人生において競合の少ない分野を見つけ
又は
開拓し
消耗を極力避け、勝ちやすきに勝つ。
それが賢い世渡り術である。

恋愛は、
僕だったら消耗してでも勝ち取りたいけど。
そこだけは理性で制御不能

 

 

19

孫子は言った
「上兵は謀を伐つ」

経営でも人生のいろんな場面でも
全面正面衝突、全面正面勝負はいけない。

勝っても負けても
消耗が激しいからである。

消耗しないためには
●戦略を立てる
●思考する
●創造する
とにかく脳みそをフル回転させ
考えることを優先順位一番にし衝突を避けるべき!

 

 

20

孫子は言った
「小敵の堅なるは大敵の擒なり」

ある分野で自分より力のある人間と
その分野でまともに戦っても勝てるわけがない。

力の差を冷静かつ客観的に評価し
意思決定をしなければならない。

強い者とは戦わないのも重要な意思決定である

「逃げるが勝ち」も
僕的には人生攻略法だと思う

 

 

↓ 行政書士たっきーはtwitterをやっています↓ 

twitter.com