たっきーの人生観①

f:id:gyouseishositakkii:20190408110243p:plain

 

人生って
複雑なようで実は結構単純だと思う。

歩いたり、
座ったり、
食べたり、
寝たり、
起きたり、

本当に単純だと思う。

この単純さを認めないと人生、
心疲れちゃうもとになる。

単純だって考えれば
心の面で人生イージーになれる気がする。

 

  

会社入ったばっかの頃
仕事覚えるの辛い。

中堅になれば
責任のしかかってきて
辛い。

退職したら暇で
辛い。

生きることは辛いことが多いと思うが、

だからこそ、大切なのは
今に充実感と喜びを感じる
心のとらえ方だと思う。

人生1回きり、
辛いエネルギーを
喜びエネルギーで吹き飛ばそう!

 

 

仕事が苦しい。
学校が苦しい。
だからといって仕事もせず、
学校にもいかず、
家に閉じこもっていればもっと苦しい。

人生は苦しいことだらけ。

でも、何やっても楽なことなんてないから
自分にとってより意義のある苦しみを選んだ方が良い。

自分を成長させる苦しみを選んだ方が
長い人生お得。

 

 

4

勉強も
仕事も
子育ても
大変です。
でも、一つ一つ問題、課題を解決することを
楽しみにすれば
ドラクエのレベル上げのように
人生は楽しくなると思う。

自分が成長するのも
自分の子供が成長するのも
プロセスは大変だけど
成長すれば楽しいもんね。

「大変」を楽しもうよ!

人生を楽しもう!

 

 

人生は
「障害を乗り越えるゲーム」

ゲームって障害をひとつひとつ
乗り越えていく過程に面白さがあると思う。

勉強テストいい点数取れた!
とか
大きい仕事成し遂げた!
とか
頑張って結果出して
障害を乗り越えて行くのが人生ゲームの醍醐味。

頑張った後の晩のお酒は「美味い!」

僕だけかな?

 

 

 

ホームレスの人が
1万円もらったら大喜びでしょう。
金持ちだったら喜ばないでしょう。

歩けない人が歩けたら
大喜びでしょう。
健康な人はとくに何も感じないでしょう。

人は自分の持っているものに
幸福感を感じにくい
ということが言いたいのです。

幸福感を感じやすい人が豊かな人なのです。

 

  

お腹が空いている時の

一口目は超美味しい。

茶碗一杯くらいまでも美味しい。

しかし、お腹が破裂しそうになって
から食い続けるのは地獄ですよね。

ご飯を例に出しましたが、
楽だけを享受しようとしたら
もはやそれは楽ではなくなります。

人生、苦があるから楽がある。

バランスですよね。

 

 

立っていて疲れて苦しい人が、
座った瞬間に楽になる。

お腹が空いていて苦しい人が
ご飯を食べれば美味しい。

すなわち苦しみが消えることが楽であり
幸福感の正体だと思います。

人生、苦労をするから楽があると思います。

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」
昔の人は上手いことを言ったものです

 

 

 

僕は若い頃から職を
転々としていました。

苦しいことから逃げる事ばかり考えていました。

でも職を転々としても
また新しい苦にぶち当たり
その繰り返しでした。

苦から苦への引っ越しばかりでした。

でも、今の仕事は10年続けています。
苦じゃありません

苦の引越しを辞めたら楽になりました

 

 

10

歩いている人は自転車の方がいいと思い、

自転車の人はオートバイ

オートバイの人は車がいいと思い。

要するに「隣の芝生は青く見える」。

でも、車の人には駐車場、交通違反、維持費
など歩く人よりリスクも抱えています。

他人と比べても、意味がない例です。
自分が幸福かどうかが一番大事。

 

  

 

 

↓ 行政書士たっきーはtwitterをやっています↓ 

twitter.com