たっきーが日常生活で思うこと①

 

f:id:gyouseishositakkii:20190408110243p:plain



 

大学卒業間際の僕の選択
行政書士受かったから「即開業」
●公務員受かったから安定した「公務員」
●親に漁師になれと言われたから「漁師」
●司法試験を目指す

結局、公務員になって司法試験の勉強する事に
なりました。
漁師だけは絶対却下!でした。
でもまさかその後7年も漁師やるなんて・・・

 

 

学生時代、建築設計一筋の僕が
行政書士試験の勉強を通して
感じたこと。

・テキスト10ページ見たら
1ページ目は完全に頭から抜けている

・最初は問題が解けない、とかじゃなく
日本語として読めない

・条文、命
・目次、横に置きながらの勉強、命
一般教養科目が一番難しい

懐かしいな〜
16年前

  

 

僕が行政書士を目指した動機
・大学時代、押し売り商法とかで友達が
困っていたこと
カバチタレの陣内隆則が超カッコよかったこと
・自分が法的に困ったから武器、防具として
法律知識が欲しかったこと
案外単純な動機です。

 

 

#行政書士
顧問先の紹介以外の
相続、遺言、生前贈与など民事は一切やらない理由。

電話主
「ちょっと聞きたいことがあるんですが」

あれこれ説明すると

電話主
「ありがとうございます」

ハイっ!さようなら!

情報ドロボーが半端なく多いからです。

固定の電話番号変えて全て切りました。

 

 

行政書士開業当時
2年目くらいから建設業に挨拶に回った。
地元の企業50件くらい。
名刺も貰えず、相手にもしてもらえなかった。

今、従業員の借金で「債権差し押さえ命令」
が鬼のようにその企業たちに届いている。

対応の相談に来る。

困った時だけ来るな!って感じ。

僕は意地悪な性格である。

 

 

 

行政書士開業した当時。

「勤め人辞めるなんてバカだ!」
「そんな資格で食えるわけないだろ!」
「お前は飽きやすいからバカだ!」
とか
散々いろんな人に言われたが、

そういう風に言ってきた人たちが
今ガンガン失業していて

僕は今、普通に安定して食えている。

世の中ってホント分からん。

 

  

行政書士業攻略法

●ある程度需要があり
●反復継続性があり
●専門性が問われ
●新規参入者が容易に参入できないほどの
難易度の高い業務
●しかしながら、部分的にモジュール化可能
な分野を狙う。

・紹介が紹介を生む。
・ブランドスイッチがない
・集客費用を抑えられる

メリットだらけ

 

 

 

少ない戦力で
大軍に勝つにはどうするか?

正面衝突では絶対勝てない。

だから、敵を分断し各部隊を
撃破していけば良い。

自ずと敵の戦意は喪失し大軍の意味をなさなくなる。

大企業に中小企業が勝つには?

大企業の手薄な市場を狙い
各撃破していけば良い。

その市場で勝てば勝者となる。

 

 

#ランボー vs 1,000人の竹槍部隊

山でゲリラ戦したらどっちが勝つか?

僕はランボーが勝つと思う

1,000のうち10人やってまえば
残り990人は戦意喪失して山から逃げる。

戦は兵力じゃない。
戦意喪失させたもん勝ち!

経営にも通じる。

競合他社と競合する部分について
戦意喪失させたもん勝ち!

 

 

 

10

私は明日、特攻に出ます。
人生60年。
私は20歳。
残りの40年を
父上、母上に20年づつ差し上げます。
長生きしてください。
(神風特別攻撃隊員手記)

涙が止まらなかった。
僕は日本民族であることを誇りに思う。

 

  

 

↓ 行政書士たっきーはtwitterをやっています↓ 

twitter.com