たっきーが日常生活で思うこと⑧

 

 

 

f:id:gyouseishositakkii:20190408110243p:plain

 

11

【尊重】
僕は自分の事務所のスタッフを
「さん」づけして呼びます

年がかなり下でもです

有給休暇も入所初月から10日付与し
年間で全て消化するように
促しています

なぜなら僕も含めて顧客も助かっているからです

スタッフは家族同然です

従業員を尊重しない経営者は淘汰されると思います。

 

 

 

12

【うちの子】
税理士の先生とか経営者の方で
「俺は全然ダメだけど、うちの子は優秀だから」
と言う人います。

客観的に見れば自社自賛です。

でも、僕は嫌味に感じるどころか
尊敬の意を覚えてしまいます。

従業員を家族の様に可愛がり信頼する。

人材の定着率の高さも

「うん、納得!」です。

 

 

 

13

【無料法律相談】
昔、(大学3年生)のとき
友達が法律でトラブった。
札幌弁護士会の無料法律相談に予約を
したかったが
予約受付開始時間が9時からだった。
何日も予約にチャレンジ
12時に電話「予約いっぱいです」
9時半、同上
9時5分同上
9時ぴったし同上
なんて需要が多いんだ無料法律相談

 

 

 

14

【戦略】
僕の事務所は
ゼネラリスト戦略ではなく
スペシャリスト戦略です。
ゼネラリストの方が集客の間口が広く
良いのでは?
その通りです。
しかしながら、ある業界に特化し
スペシャリストになった方が
紹介、紹介で優良顧客がつくのです。
優良顧客に高い顧客満足度を与える
のが僕の方針です。

 

 

 

15

【吉田松蔭】
「夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし
故に夢なき者に成功なし」

超論理的で素晴らしい事を言っている。
将来のビジョンを描くことと実行する事の大切さ
僕も強く賛同します。

  

 

  

 

  

16

【理念】
僕は将来
自分の子供に事業を継いで欲しいですが
一番継いで欲しいのは理念です
それは
「人の信用を稼ぎ、その信頼を大事にする」

●自社の従業員
●取引先とその従業員、家族

の事を考え
信頼を大事にする事が
僕の「商人道」です。

その理念さえ継いでくれれば
お金なんて二の次です。

 

  

17

【悪夢】
僕は3年お堅い勤め人でした。
僕が社会不適合という理由もありますが
その3年は地獄でした。

いい先輩も沢山いましたが
理不尽な上司も沢山いました。

その頃の事を今でも、たまに夢でうなされます。

尊敬できない上司に怒られるほど
世の中ストレスを感じる事はないと
今でも思います。

 

  

18

【普通】
僕は行政書士として売れない期間
繁忙期の漁師の仕事と
来たり来なかったりの
行政書士の依頼で生活していました。
非常に不安定な収入形態でした。

周りには
「なんで普通に生きれないの?」って
散々言われましたが
職業選択の自由を享受している
今の自分が僕にとって「普通」なのです。

 

  

19

【客観】
悩みを知人に相談しても
「へ〜悩んでるんだ」
程度の反応

逆に知人の悩みを聞いても
「へ〜悩んでるんだ」
程度の自分の反応に気付くときあります

「なんであの時あんな悩んでたんだろう」
って時も凄くあります

悩みは客観視する為に一歩引き
宇宙から見下ろす事も大事だと思います

 

 

 

20

【小規模企業の再建】
①低利の融資を受け、高利の負債を払う
不良債権をこれ以上増やさずキャッシュを確保
③経営者の金策の手間を省き、本業に専念させる
④安請負しなくて良いように財務体質に余裕を持たせる

このような超シンプルなプランでも
小規模な企業の再建は可能です。

経験済みです!

 

 

 

  

  ↓ 行政書士たっきーはtwitterをやっています↓ 

twitter.com