建設業会計仕訳講座 初級編〇帳簿の締め切り〇三伝票制

 

 

 

 

1.帳簿の締め切り①

決算整理が終わると、帳簿には当期の取引と決算整理が記入されていますが、当期の記入と次期の記入は区別する必要があるため、次期の記入に備えて当期の記入を整理します。
これを「帳簿の締め切り」といいます。
帳簿の締め切りは、今から説明する順に行います。

 

★収益・費用の各勘定残高を損益勘定に振り替える。

帳簿に記入されている収益・費用の金額は当期の金額であり、次期には引き継ぎません。
そこで、収益・費用の各勘定に残っている金額をゼロにするため、「損益」という勘定科目に振り替えます。

(例)

f:id:puuchama:20190408140808p:plain

これを損益勘定に振り替えると次のようになります。

 

f:id:puuchama:20190408141057p:plain

 

f:id:puuchama:20190408141216p:plain

このように、損益勘定に振り替えることによって差額が生じますが、
この差額が当期純利益または当期純損失です。

 

 

 

 

2.帳簿の締め切り②

当期純利益当期純損失)を資本金勘定へ振り替える。

f:id:puuchama:20190408142250p:plain

当期純利益損益勘定から資本金勘定の貸方へ振り替えます。

f:id:puuchama:20190408142422p:plain

反対に、当期純損失の場合は損益勘定から資本金勘定の借方へ振り替えます。

 

 

 

 

3.帳簿の締め切り③

★各勘定を締め切る

 

次の例にある各勘定を締め切ります。
(例)

f:id:puuchama:20190408142727p:plain

 

 

☆収益・費用の諸勘定を締め切る。
借方合計と貸方合計が一致していることを確認後、二重線を引いて締め切ります。
行の高さが合わないところは斜線を引きます。

 

f:id:puuchama:20190408142835p:plain

 

 

☆資産・負債・純資産の諸勘定を締め切る。
期末残高があるものは時期に繰り越す必要があるので、赤で「時期繰越」を記入します。
次に、次期繰越とは反対側に「前期繰越」を記入します。

f:id:puuchama:20190408143001p:plain

他の勘定も同じく締め切りましょう。

 

 

 

 

4.振替伝票とは(三伝票制)

8/31 A社から請け負った建物1,000円を売上げ、代金は掛けとした。
当社では三伝票制を採用している。

 

〇振替伝票を起票すると次のようになります。

f:id:puuchama:20190408143226p:plain

三伝票制・・・入金伝票、出金伝票、振替伝票の三つの伝票を使うこと。


三伝票制を採用している場合、振替伝票には入金取引でも出金取引でもない取引が記入されます。
入金伝票や出金伝票とは異なり、借方科目または貸方科目が現金で固定されているわけではないので、仕訳の形で記入します。

 

代金は掛けなので、借方に「完成工事未収入金 1,000」と記入します。
完成工事高が発生したので、貸方に「完成工事高 1,000」と記入します。

 

 

 

 

 

建設業会計仕訳講座初級編もくじ

 

たっきー家のポートフォリオもくじへ

www.gyouseishositakkii.com