たっきーが日常生活で思うこと⑮

 

 

f:id:gyouseishositakkii:20190408110243p:plain

11

【自由と不自由】
僕は今まで3年だけ普通の会社人間
だった事があります。

正直あの「不自由」さは
もう味わいたく無い!

でも「不自由」を味わったからこそ
「自由」の有り難みが分かる

「強制されない労働」の有り難みが分かる

そして今「不自由から知った自由」が
頑張る原動力となっている。

 

 

 

12

【覚悟】
起業に失敗したら
●収入が減る
●再就職先が無い

躊躇しますよね?

でも大丈夫

遠洋漁業に半年行けば400万円は貯まります

再挑戦出来ます!

遠洋漁業はキツイだろ!」

起業はもっとキツイです!

結論
遠洋漁業に乗る「覚悟」と
起業の事前準備が出来てれば
起業は90%成功します!

 

 

 

13

【不完全】
人間は不完全さを認めるべき。

●八つ当たり
●いわれのないクレーム
などは傾聴に値しないが

①意見
②要望
③指摘
は積極的に取り入れるべき
指摘は、たまに頭にくる事があるけど
紙に書いて客観的に
「指摘の原因」探るべし!

①②③により
完全体にはなれないけど成長はできる!

 

 

 

14

【合理性】


戦時下

①兵士に対局眼を施すことに合理性はあろうか?

②軍師に剣術を手ほどきして如何なる合理性があろうか?

適材適所の事を言いたいのである。

どの様な人材にも
得て
不得手
は必ずある。

経営者はそれを見極め
組織の合理性を強化するべきである。

自分が開業する時も一緒ね!

 

 

 

15

【過ち】
僕が勤め人だった頃
「お前のここが間違っている」
「お前のは馬鹿だ」
「俺が正しい、周りが間違っている」

人の過ちの指摘ばかりして
自分は絶対、正しいと思っている人がいました。

でも、
●指摘
●批難
●叱責
受けた人の気持ち
わかるかな〜?

絶対正しいと思う気持ち「過ち」では?

 

    

 

 

16

【怒る理由】
僕は仕事で、統率乱す妻に
孫子が調練で、言う事聴かない王の寵姫を切り捨てた」
の逸話をすると


「脅してるんでしょ!」僕「違うッ!」

でも
①統率乱れる
②仕事回らない
③お金が入らない
④生活できない
⑤子供を育てれない
①〜⑤まで順番に書かせたら
怒る理由を納得した!

 

 

 

17

【客】
「この世に客に来たと思え」
伊達政宗の言葉です

確かに、どこに行っても客として
●お茶の一杯
●水の一杯
頂けたら有難いですよね

それが
●ご飯や(多少不味くても)
●宿泊なら
なおさら有難い

「この世に客に来た」と思えば
不平不満は減ります
有難みが増します
僕はこの言葉好きです!

 

 

 

18

【達観】
事業が軌道に乗って分かった事。

①生活レベルは、これ以上向上しない
向上させようとすると、かえってストレスになる

②経済活動のうち消費活動が一番苦痛

③ここ5年、自分の服はユニクロ
フリース2着と
ホームセンターの靴下しか買っていない

事業には、お金ぶっ込むのに不思議です。

 

 

 

19

【我が強い】
我が強い人を見ると
「みんなと衝突ばかりして大変だな〜」
「絶対、損してるよな〜」
って思っちゃいます

我が強いと
●人の意見を素直に聞かない
●自分の意見ばかり言う
●客観性を失い成長性が低い

自我は生物に与えられた素晴らしい
送り物ですが
強すぎる我は人生
損だと思われ!

 

 

 

20

【多視着眼】

皆さんは「ALSOK」のcmをご覧に
なっていらっしゃるだろうか?

実はあれは泥棒も見ています。
(cmを見てALSOKに警戒しているはず)

これが「多視着眼を持つ事の重要性」の
分かりやすい一つの例でしょう!

  

 

 

 

   

  ↓ 行政書士たっきーはtwitterをやっています↓ 

twitter.com