たっきーの人生観④

f:id:gyouseishositakkii:20190408110243p:plain

11

【はやいもの勝ち】
・怒ったり
・憎しんだり
・妬んだり
誰にでもある感情です。

でもこれらの感情は時間とともに増幅していきます。

だから、増幅させないために気づくのが大事です。
一呼吸置いて客観視するのです。

だから、負の感情に気づき増幅させない事が
「はやいもの勝ち」なのです。

 

 

 

12

【負け】
僕は
・妻との痴話喧嘩
・お客様からのいわれのないクレーム
など、怒りがこみ上げてきて
どうしようもない時があります。

でも、コントロールのきかない感情的
な状態は「負け」だと
自分に言い聞かせて感情を鎮めます。

自分に言い聞かせることで半分くらいは楽に
なってます。

 

 

 

 

13

【繰り返しは危険】
へこんだり
落ち込んだり
怒ったり
すぐ感情の火を消せれば大事に至りません

でも
心の中でその負の感情を
繰り返してしまっては非常に危険です。
少しの着火剤で火がついた負の感情は
それ自体で燃え続け自己破壊を起こしてしまいます。

負の感情はさらっと忘れるのが一番です。

 

 

 

14

【断捨離】
人間は荷物を集める清掃車みたいなものだと
僕は思います。
「本当にそれ必要なの?」
って思うぐらい物を買う人がいます。
そして、必要ないのにそれを捨てられない。

荷物を置く場所は有限です。
「もったいない」
ではなく
「解放されたぞ!」
という気持ちで荷物の整理をするべきです

 

 

 

 15

【延焼】
怒っている人や
イライラしている人
を見ると自分まで怒ったり
イライラしてきませんか?

僕はなります。

怒りやイライラは「延焼」します。
だから、自分のところで
とどめ置きます。
なるべく、延焼された負の感情を他人には向けません。

じゃないと、いつまでも、延焼し続けますから。

 

 

 

16

【依存】
「あれが欲しい、これが欲しい」
「あれが足りない、これが足りない」
人間の物欲には限度というものが
あるのでしょうか?

自分に自信がないと
物に依存してしまうのが人間です。

使用価値があるならともかく、
ただ物を欲しがるのは
自分に自信が無い事を外にアピール
しているだけです。

 

 

 

17

ブッダの言葉】
「鳥たちはどこに行くにしても、自分の翼だけを持っていく。
何も荷物はない。しかし、どこにいても完璧である。」

無を追求したブッダらしい言葉です。

僕には家を含め荷物が沢山有りますが、
持つという「概念」から
自分の最後の時まで
解放される事が出来るだろうか?

自問。

 

 

 

18

【最後】
親父の最後、看取って悟った事があります。
「あれ、この人親父と仲悪かったんじゃなかった?」
「親父の最後がわかった時、何回も病院に来てくれたな〜」

争いって、人間の最後の時、無力化されます。
自分も最後を迎える日は必ず来ます。

「人と争うって無駄だな」ってちょっと思います

 

 

 

19

【得る道、捨てる道】
僕は物欲は強くない方です。
しかし、知識欲、経験欲、は凄く強いです。
正直「依存性」だと思います。

依存から解放され「捨てる道」を選べば
もっと自由になると思いますが
できません。

「得る道から解放されるまで知識経験を得る」
パラドックスですが僕の中では真理です

 

 

 

20

【執着】
僕は開業当時
何が何でも行政書士業務で売り上げを
あげようとしていました。

意味のない執着です。

ある日
「別に資格に執着する必要なくない?」

気付きました。

銀行融資相談
会計業務
社会保障制度の相談
などなど

資格の執着から離れたら楽になり
逆にお客様増えました。

執着×



 

 

  

 

↓ 行政書士たっきーはtwitterをやっています↓ 

twitter.com