たっきーが日常生活で思うこと 49

 

f:id:gyouseishositakkii:20190408110243p:plain

 

11

僕は公務員だったので
安定収入があった。

ただ、今思えば安定収入はあっても
「安定収入を生み出す能力」はなかった。

今も無い。

あるのは「安定収入が無ければヤバイ!」と
いう危機感だ!

だが、危機感が「試行錯誤」に駆り立てる。

危機感を失えば商売人として
市場競争に負けるだろう!

 

 

 

12

人間、脳が働くうちは
ずっと勉強する必要があると思う。

僕は、職業柄、法改正の勉強をする必要がある

でも、そんなの本当の勉強でも無ければ
頭脳労働でも無い!

ただの「仕入れ行為」だ!
商売人ならして当然のこと!

本当の「勉強」は
時流対応力や雇用創出、雇用維持などだ!
凄く頭を使う!

 

 

 

13

苦労の経験は
その人間のオリジナリティのある強みだと思う。

資格の勉強の苦労経験
集客の苦労経験
失敗経験
頭を下げまくった経験
靴底を減らした経験
廃業が頭をよぎった経験

人は苦労人に共感を持てるもの。
共感こそ得るべき財産だろう!

苦労の経験は「共感」し合える立派な強みだと思う!

 

 

 

14

【漁師、付加価値】

マダコは生で卸売市場に卸すより
「上手」に煮て卸せば
3倍も何倍も仲買人が値段をつけてくれる!

秘伝なので教えて貰えないが
言いたい事は
商売に鋭い漁師は付加価値を研究する

僕はお客様に3倍の報酬を請求出来ない
付加価値そんな、つける力無いから

漁師から学べるよ!

 

 

 

15

【規格】

漁師は次々と船上に上がる魚を
テキトーに箱に詰めているわけではない!

緻密に種類と大きさを分けて詰める。

バラで詰めれば値段が半額以下になるからだ!
同じ魚でも。

売店仕入店が「規格」を厳しく求めるから
仲買人が値段を付けないのだろう!

生鮮品は「規格・品質」が命だ!

 

 

 

16

【高級魚の値段】

高級魚の値段って人間の舌で値段が決まるような
気がする。

キンキンだって昔は畑の肥料にしてた時代あるし。

秋刀魚が一匹600円超えた事もある。

ドンコだって全然、値がつかない魚だったが
今は高級魚。

何の商売でも、お客様にメリットや快を
記憶して頂くのが先だろう!

 

 

 

17

【利】

良かろうと思って人に口頭でアドバイスしても
「負」の感情を持たれる場合がある

紙に書いて
お互いの意見や主張を客観視する様にすれば良い!

書いていくうちにアドバイス
その人の「利」に到達する。
納得して貰える。

納得して貰えれば動いてくれる。

紙に書けば「利」を伝えやすい!

  

 

 

18

【安定供給】
消費者
役務受給者
従業員
自社
が求めるものの一つに「安定供給」があると
考える。

安定して給料貰えないと従業員は嫌

安定して、お米、電気、水道など提供して貰えないと
消費者は嫌

士業の、お客様だってサービス途切れるの嫌

自社だって安定した売上が欲しい

安定供給は大事!

 

 

 

19

【労働】
僕は基本的に労働時間は1日平均1時間。

「楽しすぎじゃない?」

僕が「労働時間」と今、言ったのは「書類作成時間」。

書類作成時間外は
①顧問先の経営者の相談に乗ったり
②集客方法考えたり
③調べものしたり
④勉強する

①②③④は集中力が必要!
代表者ならではの「労働」です。

 

 

 

20

【機能・効能】

僕が買い物をするときに気づいたこと。

商品そのものを買っているわけではなく
「機能・効能」を買っている面がある事。

減塩味噌→血圧上昇を防ぐ
健康サプリ→寿命、健康を買っている
融資→時間を買っている

「機能・効能」意識すれば
売れる商品が出来るんだろうなぁ!と思う!

 

 

 

 

 

 

  ↓ 行政書士たっきーはtwitterをやっています↓ 

twitter.com